ヨツユビハリネズミの冬眠と代謝

ヨツユビハリネズミへのヒーターと食事について、弊社での何を利用しているかとの質問がございましたので返答申し上げます。
 
【ハリネズミの冬眠と食事 】
 
ご存知のようにハリネズミは食虫目ハリネズミ科に分類される動物で、視力や歯の発達が悪く、高代謝で保温効果も良いとはいえません。ですから高カロリーで消化の良い動物性のエサをハリネズミには大量に与える必要があります。他の食虫目の動物に比べると視力は良いといえ、五感の中でも視覚よりも嗅覚や触覚に頼った捕食活動を行っています。
ご質問のヨツユビハリネズミはペットでは最も飼養されているハリネズミでアフリカハリネズミ属に分類されます。ハリネズミの生活は単独行動が基本で、夜行性です。ステップ・森林・低木地や木の根などに穴を掘って生活をしています。
 
暖かい地方に生息しているものは冬眠をしませんが、ヨーロッパに生息する寒い地方に生息するものは冬眠することが知られています。これは大切な基本知識で、ハリネズミには冬眠することもあるということを覚えていてくださいね。(クマなどの冬眠、ハムスターの疑似冬眠、休眠、仮死状態など、冬眠とは何か?という要件はここでは触れずに、一般的な冬眠と表現させていただきます。)
 
体温は人間と同じくらいで犬や一般的な哺乳類と比べると低いのも特徴です。(放熱機能もあまり発達していないといえます。)管理温度は摂氏25℃から30℃で、管理湿度は40%から70%が理想とされています。
 
さて、気温が15℃程度(書物によっては17℃)から低下すると冬眠状態になることが知られていますが、ペットとして飼養する場合は絶対に冬眠をさせないことが原則です。冬眠することはハリネズミとっては生死を賭けた大きなリスクになるものです。ですからハリネズミが冬眠しなくてはならないような環境には絶対にしないことが重要となります。
 
気温が下がるとハリネズミの代謝が低下し、感染症などに対する抵抗力が低くなってしまいますから、飼養下では、必ずヒーターの利用は欠かせないことになります。体温と免疫は密接に関係しているのです。(体温が高いと免疫力も高くなることも知られています。)体温を食事からしっかりと作らせ、ヒーターでリスクを軽減するということになります。食事については、正確なデータはないようですが1日あたり100~150kcal程度必要とされ、粗蛋白質30~50%、粗脂肪10~20%以下が推奨されています。一般的には高蛋白・低脂肪の餌が良いとされています。また、自然下では昆虫の外骨格も食べることから、充分な繊維が必要にもなります。(甲殻類の外骨格は動物性繊維) 時々、動物性蛋白質や繊維質の補充として、ゆで卵やササミと一緒にふやかした野菜を一緒に与えるのも良い方法です。
 
弊社では遠赤外線マイカヒーターⅡを利用し、飼料はサンシードのハリネズミ専用フードとフューチャーアローのミルウォーム(他社のものより量が多く、ミルウォームが大きいようです。)を主に与えています。
ケージの外に設置できる遠赤外線ヒーターですから、敷いて利用するヒーターとは違い汚れにくく衛生的で掃除が簡単です。また、低温火傷の心配がないことも大きなメリットです。ちなみにサンシード社のハリネズミフードは、粗蛋白質38%以上、粗脂肪8%以上、粗繊維9%以下、粗灰分2%以上、水分14%以下といなっています。
 
また、ハリネズミは思った以上に活発に動き回りますから、充分に運動できるスペースも忘れてはいけないでしょう。しかし、ハリネズミは夜行性ですから、夜間に活発に活動し、昼間は穴の中で過ごしています。ですから、食事も夜間に行われることになります。自然界ではアナグマやキツネなどの肉食動物がハリネズミの天敵ですから、天敵が活動している昼間は身を隠しているのが当然といえます。被捕食動物でもあるハリネズミはとてもデリケートで神経質な動物なのです。
 
ペットとして飼養されてのハリネズミのペット飼養の歴史はとても短く、また、ハムスターやウサギのように飼育も広まっていないのが現状です。ですから、ヒトとの生活に馴染むことによって、ハムスターのように自然本来のライフスタイルからヒトと同様のライフスタイルに適合させつつあるとは言いえ、まだまた進行中なのが現実でしょう。最近では多くの専門書が販売され、インターネットでも調べられるようになりました。
是非、快適なハリネズミとの生活をお過ごしくださいね。

コザクラインコの交尾

コザクラインコの交尾

コザクラインコをはじめとする鳥たちには、哺乳類を同じ生殖器はありません。

肛門と生殖器を兼ねた総排泄腔で交尾をします。(鳥は便と尿を分別して排泄しません。尿は尿酸として便と一塊になって排泄されます。)

しかし、この総排泄腔には凹凸がなく、挿入しての交尾をすることができません。ですから、総排泄腔同志を擦り併せての交尾になるのです。

バランスが崩れたり安定しない場所だと、交尾がうまくきません。
せっかく産卵しても無精卵ということになってしまいます。

ですから、小鳥を繁殖されて楽しみたい場合は、安定して交尾ができるよう止まり木などはしっかりと固定するようにしてくださいね。

動画ではバードケージの床で交尾をしていますが、巣箱の上などでも交尾をすることもあります。しっかりと交尾ができる場所を用意してあげておくことが重要項目の一つになります。

以下から、コザクラインコ(ブルー系)の交尾の動画をご覧いただくことができます。

バードパークで利用している補助栄養剤

バードパークでは補助栄養剤をタイミングに合わせて効果的に利用しています!

小鳥の成長段階や健康状態、そして繁殖期など、その時々に合わせてバードパークでは多くの栄養補助食品や補助栄養剤を活用しています。ヒナには基本として「ハンドフィーディング フォーミュラー」を利用しています。ムキアワに混ぜて与えることもできますし、ぬるま湯に溶いてこれだけを与えることもできます。世界的に有名で動物園動物たちのための飼料も提供している“ZEIGLER”社の製品です。

また、バードパークでヒナや若鳥そして親鳥にも利用しているのが「feast」です。多くの愛鳥家の方がエッグフードを利用していますが、この「feast」はただのエッグフードとは違い、専門の獣医師グループが最新の鳥の栄養学に基づいて開発された栄養補助食品です。与える量や時期により、上手に小鳥たちの健康管理が行えます。

「feast」はアメリカの“THE BIRDCARE COMPANY”の製品ですが、「feast」以外にもバードパークでは鳥が健康を維持するために必要なバクテリアが含まれた「Flourish」、14種類のビタミンやアミノ酸、10種類のミネラルが配合された「Daily Essentials 3」、カルシウム摂取を促進すするためのビタミンDやマグネシウムも配合されたカルシウム液「Caqlciboost」も利用しています。

これらの栄養補助食品や補助栄養剤を活用するには、基本的な栄養学の知識や、鳥の生理の知識などが欠かせません。どんなに素晴らしい商品が開発されても、それを利用するための最低限の知識やノウハウがなければ、その素晴らしさにも気づかず、利用もできないことになります。小鳥たちにとってもとても悲しいことになるかもしれません。

基本となる栄養学を学ぼう!このブログでは愛鳥家だけではなくペット愛好家の皆さんにも役に立つ基本となる栄養や関連生理について、何回かに分けて述べていきたいと思います。栄養素の役割やすい種類は? 必須アミノ酸て何? 酵素や補酵素は何のこと? などなど、できるだけ分かり易く皆さんにお伝えして行きたいと思います。

 

ホオミドリウロコインコの誕生

ホオミドリウロコインコのヒナが誕生しています。

6月16日にホオミドリウロコインコのヒナが孵化しました。

この写真は孵化後8日での写真です。

下の写真は孵化後12日目にお母さんと一緒のナイスショットな写真です。

毎日の食事に栄養バンスの良い補助食も与えていますから、しっかりと育ってくれています。

この次の写真はお父さんです。やっぱりお母さんよりも凛々しい感じがしますね。

ご興味のある方はバードパークまでご相談ください。毎日の掃除や給餌と愛情込めて世話をしています。抱卵からお譲りするまでの時間は、親鳥にとっても私たちにとっても一所懸命な大事な時間なのです。大切に育てて頂き、大事にして終生パートナーにして頂ける意思のある方をお待ちしています。

コザクラインコのヒナが順調に育雛中

コザクラインコのヒナ

黄色いタイガーチェリーがお母さんで、普通のコザクラインコがお父さんです。

ヒナは1羽しか孵化できませんでしたが、孵化した子は順調に育っています。

なかなか美人なお母さんで、どんな色子に育つか楽しみです。


後一週間もすれば分かるかと思います。 お母さん、お父さん、そして奥にいるのがヒナです。

隠れるところがないので、ヒナは一番奥の隅で隠れたつもりになっているようです。

 

 

 

 


 

こちらはお父さん、ノーマルのコザクラインコです。

 

 

 

 

 

 


 

 

こちらが美人のお母さんです。

黄色の多いいタイガー-チェリーです。

 

 

 

 

 


 

 

巣を覗くと、お父さんがヒナの前に立ちはだかります。

 

 

 

 


 

 

コザクラインコは体が小さいのに頭が良い小鳥の一つです。人にも良く馴れますよね。 幼齢期ほど人に良く馴れやすいのは他の動物と一緒です。給餌については毎回、飼い主が手から与えなくても自分で食べることをすぐにできるようになるのもポイントです。(オカメインコとは違います。セキセイインコもヒナのうちから自分で食事ができます。) 多くの場合、人に馴らすために給餌をしているのです。給餌の方法や馴らさせ方は別の機会やコーナーでご説明します。

 

 

 

2週間過ぎて一安心

下の写真は5月29日のもので、生後5日のものです。

まだ、目も充分に開いていません。また、上嘴の先端に卵を割って出るための突起状の卵嘴・卵歯の名残が分かります。写真を拡大すると分かります。

この写真は生後12日目のものです。

目も開き羽根もでてきて、オカメインコが分かるようになりました。餌をどんどん欲しがってます。

この次の写真は、生後14日目のものです。

随分と早い成長に驚かれたのではないでしょうか?

あと数日から一週間もすれば、人から給餌しても安心な時期になります。

(アイキャッチの写真は、この子たちのお父さんとお母さんです。)

 

 

 

飼鳥の楽しみ方

飼鳥の楽しみ方のいろいろ

①容姿を楽しむ ②動作を楽しむ ③囀りや鳴き声を楽しむ ④物真似や言葉を覚えさせて楽しむ ⑤コミュニケーションを楽しむ(手乗りにして楽しむ、ゲームをして楽しむ) ⑥繁殖をさせて楽しむ

人間より色彩を感知する能力の高い鳥には美しい羽根を持つものが多くいます。人間以上に輝いた色彩を感じ見ているのでしょうね。求愛行動なども鳥の種類でいろいろで、メスに家や物をプレゼントしたり、踊ったりするものもいます。歌を歌って口説くのは人間と違って基本です。言葉をしゃべるのは一般に舌先が人間と同じ党に丸くなったインコやオウムです。九官鳥は喉でしゃべるので、インコやオウムとは違います。人や物音を真似できるのは犬猫とは違った鳥の大きな特徴ですよね。人に慣れておしゃべりするなんて最高です。また、繁殖をして楽しこともできます。かっては日本政府がカナリアを輸出することを奨励していた時代もあるんです。

さて、今回はバードパークで生まれたオカメインコのヒナたちのご紹介です。毎日、お父さんお母さんの世話して生まれてきた子たちは、私たちにとっても大切な子供たちです。さて、今回生まれた子は、お父さんはノーマル、お母さんはホワイトフェイスです。

大切にしていただけるご家族のところへと願うばかりです。さて、今回生まれた子は、お父さんはノーマル、お母さんはホワイトフェイスです。

この子たちが無事孵化したのは、5月23日です。今日で(29日)で1週間になりますが、まだ目は見えないようです。全部で4羽ですが、順調に育っているようです。

卵の時にあまり覗くと抱卵を止めてしまうことが少なくありませんが、孵化をして育雛状態になれば親鳥が育雛を放棄するようなことはないようです。このテクニックは野鳥観察などで孵化をしたヒナたちを、人間の子供たちに見せるときにも利用されます。親からヒナたちが誕生する不思議に毎回感激します。

是非、繁殖をして生命の不思議と感動を味わってみませんか? 犬や猫とは違い大掛かりなことを必要とはしません。どなたでも飼養しやすいのも小鳥の特徴でもあります。

 

 

こんにちは、バードパークです。

バードパークでは、命ある動物を扱うにあたってどうあるべきかを考えながら改善を進めてまいりたいと考えています。『ペットと家族の笑顔を増やしたい』をコンセプトに、小鳥や小動物への対応を第一に取り組むべきと考えています。

個体の命・群れやグループ単位での命・そして種としての命に大きく3つに分類して考えています。

個体の命についてはブランベルの5つの自由を実践すべきと考えています。①飢えと渇きからの自由 ②肉体的苦痛と不快からの自由 ③障害や疾病からの自由 ④おそれと不安からの自由 ⑤基本的な行動様式に従う自由 です。5Rなどとも呼ばれているものですが、これらを全ての動物たち一頭1頭に実施しなければなりません。現在、これらの対応が全てに満足な対応ができているとは言い難い部分もありますが、環境衛生を改善していっている最中です。また、飼料衛生については充分な対応を施すことができていますが、②に関連する精神衛生(ストレス)には種の差や個体差などもあり、とても神経を使うところです。まだまだスタートしたばかりですが、まずは自分たちが考える理想の形を専門家の方々はじめ、皆さんのご意見を受け入れながら進めてまいりたいと思います。

群れやグループ単位、そして種の命については、愛玩動物(ペット)とは何か認識し、我々の身勝手により動物の種としての命を奪う(絶滅させること)に関与しないようにしたく思います。何のために人間は動物を飼養するのかをしっかりと認識しながら、彼らの生存を脅かすことのないものを愛玩動物として提供しなければなりません。また、絶滅が器具される野生の動物を捕獲して一般的な愛玩動物として取り扱うことも好ましいとはいえないでしょう。その他、日本固有種と外来種の問題も考えなくてはなりません。外来の動物たちが愛玩動物として輸入され、逸走することで日本固有種の存在を脅かすようにならないように注意が必要です。ペットとして売れれば何でも良いとは考えていないと言うことです。

個としての愛玩動物から種の動物へと興味を持って頂き、動物と人間が共存できる地球環境にも意識を高めてまらえればと考えています。動物の命・人間の命、そして地球の命(地球環境)の関係です。

多くの鳥類が絶滅の危機に会っていることは皆さんのご存知の通りですが、愛玩鳥としての彼らを愛することで、彼らが本来生息している環境の仲間のことも気にしてもらいたいと思います。